Boat & Fishing
初就航 改造 釣行記録 釣果速報 ClubKTM

画像をクリックすると、大きなサイズで見ることが出来ます。


2002.10.23
fune01
2002.10.23約束の期限を大幅に過ぎたこの日
埜瀬建さんと千葉県は千倉まで朝一番で向かった
千倉の駅で出迎えてくれたのは以前のオーナーである鈴木氏、汽船名「千鯛丸」
大時化となったこの日、初航海は大変な苦労と恐怖に見舞われた。。。
簡単な船の説明のみで出航となった(建さん助けてぇ〜)
途中で保田漁港に寄り、清四郎丸の法定備品を借りる事に(汗)
千倉→洲崎→館山→保田と追い波の中の操船に疲労は隠せなかった
約5時間近くを経て湾奥の呑川まで辿り着いた
大きなスパンカーがある為に「旭橋」をくぐれない
建さんのアミーカ桟橋に改造作業が済むまで仮置きさせて貰う事になった

2002.10.23
fune03
就航までには改造を済ませねばならない
大幅な改造をしなくては
その前に記録として写真を残そうと思った
船首に立つ長いマスト、うぅ〜ん、漁船チックでカッコいい!
しかし、この雨どいみたいなものは何なんだろう???
烏賊でも釣った時に活用したものなのだろうか?
今度鈴木さんに聞いてみよう。。。

2002.10.23
fune04
数十年にわたり改造を繰り返したのだろう
当初の操船席は遥か下部に設けてある
現在は相当高く作られてる、しかもレーダータワーまで設置してあるな
後部のスパンカーも木製ではあるけど立派な代物だ
蛇輪が無いのが特徴だね、自動操縦システム付きのリモコンコントローラーが舵です
航海灯も凄い高いところに付いてるねぇ
時化の多い外房らしい「上総作り」と言うらしいです

2002.10.23
fune05
改造前の証拠に撮っておきました
「千鯛丸」千倉で活躍した船名です
現在は買い替えの為に新しく就航してるようです

This Page Top | NEXT